HOME » 内窓の効果 » 空き巣・防犯対策

空き巣・防犯対策

空き巣の手口とは

新! 管理人による内窓メーカー比較のページ>>>

集合住宅でも戸建てでも、窓があるかぎりは防犯を意識せざるをえません。
空き巣はほとんどがガラスを破って侵入するケースなのだそうです。


窓の防犯といえば面格子などが知られていますが、
最近はこの面格子も簡単にはずして侵入されることもあるそうですから油断は禁物です。


マンションでも上層ならば安全とは言い切れないようです。
ルーフバルコニーの窓は無防備ですし、
またマンション屋上からベランダ伝いに侵入するケースと聞きます。

一軒家の場合でも、隣家との距離が近い場合などは庇(ひさし)や雨樋を伝って
上層階に登ってくるケースがあるんだそうです。


少しの足場と、体が入る大きさの窓さえあれば、
多少困難なルートでも空き巣は侵入できるそうなので、想像しただけでも怖いですね。
 

時間をかけさせることが最重要


さて、そんな泥棒に対して内窓は防犯の対策として使えます。
内窓を入れることで鍵は二重になるので、住人としては手間が生じますが、
この心理は防犯におおいに役立つものでもあります。


窓の防犯対策で効果的なのは、こじ開けるまでの手間を増やすこと!
これにつきるようです。


空き巣などの侵入手口の大半が、窓を介して侵入するため、
手口としては窓を割って鍵を開けるといった方法が最もよくとられています。
ところが内窓の場合、この手間を二重に行なわなくてはいけません。


泥棒にとって時間がかかる行為は命とりになるということで、
極力避けたい傾向があるのだそうです。


つまり外窓と内窓という二重構造が、侵入の際の二度手間なので
この家はやめておこうと泥棒の標的になりにくいということ。


泥棒は内窓でガードされた、めんどくさい家よりも、
もっと簡単に侵入できる家を選ぶからです。