HOME » 内窓の効果 » 断熱効果で省エネ♪

断熱効果で省エネ♪

内窓はおさいふにも優しかった!!

新! 管理人による内窓メーカー比較のページ>>>

我が家に内窓をつけたのは、第一の目的が防音だったんですが、
他にも効果がありました!


中でも主婦として助かっているのが、断熱効果による電気代の節約です!
クーラーも暖房も、効き具合がとってもよくなったんです!


一般にマンションは気密性は高いようですが、
うちの場合は築年数がたってるマンションだからか、窓からの空気が寒く感じていました。
得に窓の建て付けが悪いというわけでもないのに、どうにもスースー寒くて・・・。


これまで厚手のカーテンを買ってつけてみたり、
プチプチ(梱包剤)っぽい断熱シールみたいなものを窓ガラスに貼ったりして、
オリジナル断熱法を試してみたんですが、いまひとつ効果が感じられませんでした。


ところが内窓をつけたら、断熱の効果をハッキリと実感できるようになりました。
暖房も冷房もよく効くようになったので、以前より温度設定をゆるめに、
全体の使用量も減らせて、電気代の面でもかなり嬉しい効果がでています。


もちろんそれだけ電気代を減らせるということは、環境にも貢献できるということ。
内窓取り付けは、お財布にも自然にもやさしいリフォームです。
 

部屋の温度を左右していたのは窓


いままで窓際が寒く感じられた、その一番大きな原因。
それは窓のアルミサッシ部分とガラスの熱伝導率の高さと、
気密性の低さから起こる風スースー。
この二つが大きく関係していたんです。


アルミは、かなり熱伝導性が高く、冷たいところにおいておくと、すぐ冷え冷えになる素材です。
そんなものが窓に入っていたら、部屋が寒いのも当然かもしれません;


うちが騒音対策を機に取り付けた内窓は、
気密性が高いうえに、素材はアルミに比べて熱伝導率約1000分の1という特徴の樹脂。
これなら外の寒い空気や、ムシムシ暑い熱気も室内には伝わりません。


また元々あったアルミサッシとの間に隙間があるので、
そこに出来る空気の層のおかげで、室温を一定に保つ効果が高くなるんです♪